ホーム > Life Style > 刺し子の花ふきん

刺し子の花ふきん

刺し子の花ふきん

“インスタ映え”するフォトジェニックな作品に大注目! 今、大人女子の話題はSNSで人気の“刺し子”!?


ここ数年、インスタグラムの人気投稿としてもよく見かける「一目刺し」。作品の美しさには心惹かれていたものの、「自分には難しい」と思って諦めていた人は多いのでは? そんな人におすすめの「オリムパスの一目刺し」。美しい文様の花ふきんが、誰にでも簡単につくれるんです♪

中学時代の家庭科以来手芸経験ゼロでもはじめられる!

ハンドメイドブームの今、SNSを賑わしているのが、洗練された大人女子にぴったりの趣味とも言える「刺し子」。手芸におけるひとつの分野で、糸で布地に幾何学模様などの図柄を刺していく技法です。「手芸なんて中学校の家庭科以来やってないし…。」という人も多いかもしれませんが、大人になって改めて始める刺し子は、日々の生活の中で愛用しているものに施すこともできますし、自分でつくったものを家族や友だち、同僚に見てもらう楽しさや、自分の時間を有効活用した達成感も味わえます。そしてなにより、新しい作品をつくるたびに上達していく満足感は、日々の生活にうるおいをもたらしてくれるはず。特に、一色の糸で美しい文様を表現する「一目刺し」の作品は、シンプルな中に英知が感じられるデザインで、刺していく過程もできあがった瞬間も、気分が高揚すること間違いなし。
 オリムパス製絲の「刺し子の花ふきん」は、「富士山」「兜」「鶴」「鉄線(クレマチス)」をはじめ、「角七宝」「満開の朝顔」「ローズガーデン」「リーフ」「チェック」「井戸枠」「つぼみ」「お花畑」など、個性豊かなデザインが揃っていて、図案は水で消えるインクで布にプリント済みです。
 おうちで過ごすひとときで素敵な作品を完成させて、インスタにアップするのが最近のブーム。一枚完成させたらまた次の一枚に取り掛かる、素敵な大人の趣味ですね。

難しそうな図柄も、始めてみると面白い。
仕上がりのクオリティに自画自賛!

「晒木綿 白」「刺し子糸〈細〉」「刺し子針」「作り方説明書」がセットになったキットなら、縫い糸、縫い針、はさみ、アイロン、定規があればすぐに作り始めることができます。夜の空き時間や週末を利用して刺し子を楽しめば、美しい花ふきんが完成しますよ♪

【作り方】
1. 布には水で消える図案がプリント済み。針に糸を通したら、刺し子スタート!
2. 説明書通りに進めるだけで、一目刺しの美しい模様が少しずつ出来上がっていきます。
3. 最後に裏側で糸始末して完成。手芸の経験がなくても、裁縫が苦手という人でも大丈夫!

Menu

刺し子の花ふきん 各種 1,200円〜


Information


関連サービス

ベーシックなデザインに、ひねりのあるディテールを加えた “オルタナティブスタイル”を提案する「08Mab(ゼロハチマブ)」。天然素材にこだわったやさしい肌触りのヨーロッパリネンやコットンを使用することで、着心地のよさを追究したアパレルブランドで、生地から仕立てる唯一無二の一着は、なにげない日常に新鮮な空気を呼び込んで…

乾燥対策に余念のない働く女性たちが待ち望んでいたアイテムの登場です♪ いつでもどこでも気軽にうるおいを持ち歩くというコンセプトの携帯型フェイシャルスチーマー「MoMo」は、たった8cmの小型軽量サイズで、5ミクロンの微粒子スチームで効率的にお肌に潤いを補給してくれる、超欲しかった乾燥対策アイテム。スチームをあてるだけな…

在宅ワークや家事のモチベーションを高める第一歩は、清潔な空間づくりから♪ AIを搭載した「ROCKUBOT」は、医療現場でも使われるUVCと超音波のW作用で、99.98%の細菌やウィルスの除菌を可能にした除菌ロボット。自動走行と手動のモード切替で、床はもちろん、スマホなど小物の除菌や布団のダニ退治も可能。モバイルバッテ…

キャッシュレス時代のスマートライフを象徴する現代の人気アイテム、“スマホケース”と“コンパクトウォレット”を一緒にした、新感覚の「ネックウォレット」が登場! 手掛けたのは、イタリアンテイストのデザインで人気のファッション雑貨ブランド「nostroatout(ノストロアテュー) 」。ランチタイムやちょっとしたお出かけに、…

薄いピンクが肌の色にマッチして、柔らかな耳ゴムは長時間かけていても痛くなりにくい、高機能マスク「TO・RU・RU®」。電石と呼ばれる力を応用した超極細繊維不織布が、PM2.5などの微粒子や花粉、ウイルスを含む飛沫などをしっかり吸着しながら、ダブルオメガ構造による立体形状フィルターで息苦しさを軽減。小さめサイズで女性の顔…