ホーム > Food > SHANTI SWITCHE

SHANTI SWITCHE

SHANTI SWITCHE

りんご酢に蜂蜜、生姜たっぷりのヘルシードリンク 古代ギリシャの医師が開発した「スウィッチェル」。海外では古くから愛され続けているナチュラルドリンクが遂に日本上陸! エナジーをたっぷりと与えてくれるインナーケア飲料が、今、美容・健康志向の女性たちから注目されています。


午後のティータイムや夕食後のリラックスタイムに、おいしくてヘルシーなナチュラルドリンクでリフレッシュ! おすすめの「スウィッチェル」は、古代ギリシャの医師が開発したとされる歴史ある飲み物で、りんご酢に蜂蜜、生姜を加えてつくられる、添加物・砂糖不使用の希釈タイプのナチュラルドリンクです。
 健康・美容への意識が高い海外での人気は高く、りんご酢は、発酵と熟成に90日という長い時間と手間をかける「静置発酵法」で造られたもので、国産ブランド「シャンティ」は、佐賀県産の厳選された生姜を使用しています。
 長期熟成によって引き立った果実由来の香味とまろやかな酸味を存分に楽しみたいなら、おすすめはベーシックな「アップル&ジンジャー」。熟成りんご酢の丸みある酸味、蜂蜜のまろやかさ、生姜のアクセントが見事に調和しています。また、りんご酢、生姜、蜂蜜に香り高い国産ゆず果汁を加えた「ゆず&ジンジャー」は、ゆずと蜂蜜との相性が抜群で後を引くおいしさ。希釈タイプなので、好みの濃度で、炭酸割りにしたり、フルーツを浮かべてデトックスウォーター風にしたりと楽しみ方は自由自在。美味しくヘルシーなライフスタイルをはじめてみませんか。

炭酸水やお湯で割ってもOK!
牛乳や豆乳で割ってもおいしい

基本の飲み方は、水や炭酸水、お湯で7倍程度に割るだけでOK! また、牛乳や豆乳で割ると、りんご酢の力でとろみがついてフルーツヨーグルト風味に♪


Recipe

見た目にもときめく一杯は女子会でも活躍してくれる
「ラズベリーミント・チアスウィッチェル」

材料(1人分)
チアシード小さじ1
水大さじ2
ラズベリー1/4カップ
レモン(くし形切り)1/4個
スペアミント7〜8枚
スウィッチェル30ml
水140ml

1.専用ボトルにチアシードと水(大さじ2)を入れ、
チアシードが吸水してとろみがつくまでよく混ぜる。
2.残りの材料を加え、軽く混ぜる。

マカたっぷりの一杯は健康志向の高い人向け♪
「シナモンマカ豆乳スウィッチェル」

材料(1人分)
豆乳170ml
スウィッチェル30ml
マカパウダー小さじ1
シナモンパウダー少々
シナモンスティック適宜

1.小鍋に豆乳とスウィッチェルを入れ、中火にかける。
2.温まったらマカパウダーとシナモンパウダーを加え、しっかり混ぜる。
3.カップに注ぎ、お好みでシナモンスティックを添える。

Menu

SHANTI SWITCHEL(シャンティスウィッチェル)
アップル&ジンジャー・ゆず&ジンジャー
180ml 950円
500ml 2,462円
ギフトセット(180ml×2本入) 2,095円


Information


関連サービス

糖質制限のダイエット中や仕事中の小腹満たしに、小麦粉ゼロ、砂糖ゼロ、トランス脂肪酸ゼロの“トリプルゼロ”で、罪悪感なく満足させてくれるクッキーバーです。たんぱく質、食物繊維、ビタミン、ミネラル、イソフラボンが豊富な、目標に向かって頑張る女性たちのモチベーションをアゲてくれる強い味方です。

生乳と米糀のみで造られたフローズン甘酒は、免疫力アップや腸内環境の整備も期待できる優れもの。これからの季節、身体と心をセルフメンテナンスしたいと思っている人にぴったり。毎日飲みたい健康ドリンクです。 砂糖や添加物、防腐剤を一切使わず、牛乳のタンパク質を低温でじっくりと遊離アミノ酸にまで分解させることで作られた「フ…

青森県産のにんにくを醤油と米麹でじっくりと漬け込んだ調味料「にんにく男みそ」。大玉で白色、強い辛みと甘みが特長のにんにくをこだわりの素材と合わせた甘口と、よりにんにくのパンチを効かせた、焼き肉や焼き魚との相性が抜群の中辛、そして、青唐辛子をブレンドした、鍋物の薬味にぴったりの辛口をラインナップ。にんにくと味噌の絶妙なコ…

健康的な美しいボディーラインをつくるには、無理なダイエットはNG。無理せず、食事と栄養をしっかり摂って、楽しみながら進めていくのがベターです。「みらいの完全栄養食ダイエット」は、植物性タンパク質にビタミンや補酵素などをプラスした、砂糖不使用、無着色、無香料の栄養機能性食品。パウダータイプで溶けやすいので、お水や豆乳で溶…

 仕事中や帰宅後のリフレッシュタイムに欠かせないのが、喉をうるおしてくれる冷たい飲み物。しっかりと水分を補給することは身体のためにも大切ですが、それに加えて、日差しが強くなってくる5月頃からは、汗をかいた後の塩分補給も忘れてはいけません。なぜなら、汗をかくことによって塩分(ナトリウム)が失われた状態で水だけ飲むと血液の…