ホーム > Life Style > 快適マスク「さら衣」

快適マスク「さら衣」

快適マスク「さら衣」

ネクタイ縫製のプロが作る洗濯可能な立体マスク


立体的な縫製技術を駆使して作られたマスクは、お気に入りの洋服と同じ。使うたびに洗濯して清潔な状態で着用できるのもうれしいポイントです。何より、美しいシルエットが魅力的!

 マスク着用が日常になってから初めての夏。日に日に日差しも強くなり、顔周りにストレスを感じている人も多いのでは?「マスク内に熱がこもる」「蒸れる」「付着したファンデーションがなかなか落ちない」そんなストレスを感じさせないのが、「快適マスク さら衣」。“着心地のいい洋服をまとう感覚”を実現したやさしくフィットする布マスクです。
 ネクタイの縫製工場がプロの技術を駆使し、細部にまでこだわって作っているので着け心地は抜群。口周りに適度な空間を保てる立体的な仕様のため、着用中に息苦しさを感じることもありません。また、鼻筋がキレイに出て違和感なくなじむよう、緩やかなカーブ設計が施されているのも特長。シワになりにくい素材を使い、見た目の美しさも追求しています。作っているのは、岡山県の縫製工場「笏本縫製」。当初は、マスク不足が著しい期間のみの限定販売を予定していたそうなのですが、想像外の反響でリピーターが後を絶たなかったため、継続的な生産が決まった人気のマスクなんです。
 もちろん、衛生面にもこだわり、原料となる生地も厳選。汗をしっかり吸って水分を放つ「吸湿発熱力」、放湿とともに熱を逃がす「放湿冷却力」、汗漏れからくる冷えやべたつきを軽減する「自己乾燥力」、アンモニア、酢酸、イソ吉草酸を抑制する「消臭性」、菌を抑制して悪臭を抑える「抗菌防臭力」といった機能性素材を使っているため、夏でも快適に呼吸できるスグレもの。
 繰り返し洗って使うことが可能なので、清潔でエコロジカル。ファンデーションも「揉み洗い」でキレイに落とせますよ♪

Menu

消臭・抗菌効果に優れている上、肌にやさしく紫外線対策も万全

汗を吸って水分を放つ「吸湿発熱力」、放湿とともに熱を逃がす「放湿冷却力」、冷えやべたつきを軽減する「自己乾燥力」、アンモニア臭などを抑制する「消臭性」、菌を抑制する「抗菌防臭力」に優れた生地を使用。また、健康的な肌と同じ弱酸性領域を保持する「pHコントロール」も期待できる上、静電気発生を抑制する仕様なので、着脱時の不快感も軽減されます。紫外線遮蔽率97%、UPF45なのでUV対策にも◎!

快適マスク「さら衣」プレーン (ホワイト・ネイビー) 1,320円 快適マスク「さら衣」SHAKUNONEサイン (ホワイト/紺刺繡・ネイビー/ピンク刺繡) 2,420円

立体的な縫製技術を必要とするネクタイ縫製で培った技術やノウハウを転用して作られているため、鼻筋が通った美しいシルエットを実現。着用によって付着したファンデーションも「揉み洗い」でキレイに落とせるため、白さをキープできて見た目にもとっても清潔。汚れが気になる部分を揉み洗いしたあとは、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うことができます。また、ワンポイントで入った刺繍のカラーは、紺、ピンクの他、数色から選べます。


Information


関連サービス

熟練の木工職人との共同開発によって生まれた「取り分け菜箸トング」は、毎日使いたくなる掴みやすさが魅力。本体に埋め込まれている磁石によって、余分な力をかけなくても楽に掴むことができるので、食卓での料理の取り分けや盛り付け作業がとっても楽♪ 冷蔵庫など磁石がくっつくところに収納が可能で、先端には滑り止め加工が施されているだ…

明治35年の創業から115周年を迎える「西尾うに製造本舗」。創業以来修練を重ね、独自の製法で作り上げてきた「樽漬けうに」に、良質の生うにをブレンドした定番の「粒うに」は、全ての工程を手作業で行う珠玉の逸品。食品関連の賞では最高峰とも言える「農林水産大臣賞」をはじめ、衛生と食の安全性に与えられる「厚生大臣表彰」を授受。炊…

ちょっと大人っぽくて可愛らしいデザインがお気に入りのリボンチャーム。ポリマークレイと呼ばれる樹脂粘土を使い、一点ずつハンドメイドで作られたもので、レザーのような質感だけど耐水性は抜群! 夏のワンポイントとしておすすめのアイテムです。オプションのネックレスチェーンを利用して、ヘアゴム、ネックレス、二重に巻いてブレスレット…

服への価値観に変化を感じる今、私たちが求めているのは、お出かけシーンでもおうち時間でも、“どこにいても自分らしく”快適に過ごせる一着。それは、シンプルだけど着心地とシルエットにこだわったブランド「エウクレイド」が叶えてくれる。 日々の過ごし方が変化している今、新たな価値観でワードローブを選ぶ人も増えているのではな…

無骨でシンプルな仕上がりなのに、口を開けると、三重の伝統工芸品「伊勢木綿」の柔らかく暖かみのある柄が迎えてくれる、そのギャップがたまらない「がま口ポーチ」。職人の手作業で糸1本1本を何度も染料に浸して染める先染めの生地は、500mの生地に仕上げるのに約3ヶ月もかかるそうで、タテ糸とヨコ糸に異なる染め糸を使った味わいのあ…