ホーム > Life Style > POUCH OPENER®

POUCH OPENER®

POUCH OPENER®

引くだけでキレイに開封。プロ仕様のスゴ技アイテム


パウチ加工の食品をさっと開けてストレスなく使うことができる「パウチオープナー」。
開封作業も楽しくなって、衛生的でスピーディー。ハサミよりも簡単で、キレイな切り口が魅力です。
飲食店のバックヤードや食品加工工場でも使われているプロ仕様の切れ味をぜひ。

パウチ(袋)状で販売されているレトルト商品や、冷凍食品、お菓子のパッケージなど、うまく袋をカットできずにストレスを感じたことは誰しもあるはず。そこでおすすめしたいのが、食材用パウチ専用カッター「パウチオープナー」。特にアルミパウチなどの厚みのある袋に適しています。パウチの切り始めたいところを利き手で、ホチキスで挟むようにパウチオープナーで挟み、もう一方の手を利き手の近くに向かい合うようにして、袋をつかみます。そして、刃先の線に沿って真っすぐにスーッと引くだけでスピーディーにカットできる便利なアイテムです。切りくずが出ることなく、キレイにカットできるのがポイント。ファミリーレストランなど、セントラルキッチンで調理された食材を店舗で開封する際など、業務用での使用を目的に設計、デザインされ、職人の町・燕地区で製造されている信頼のプロ仕様。パーティやイベントなどで大量にパウチを開封したいときにも大活躍してくれそうです。
 また、近年パウチの切りくず混入がニュースなどでもよく取り上げられることがありますが、パウチオープナーなら、切りくずを出すことなくキレイにカットできるので、異物混入をしっかりと防ぐことができます。切れ味が良く、使い勝手のよいパウチオープナーは、みんなで共有したいと思うところですが、使う人のクセが刃先に影響を及ぼしやすいため、「ひとりに1個」がおすすめとのこと。複数人で共有“しない”ことによって、切れ味はぐっと長持ち。使い終わった後は、汚れや水分はしっかりぬぐって、キッチンツールのかかっている壁面のフックに下げたりして保管するのがベスト。錆びにくいステンレス製のしっかりした造りですが、丁寧にお手入れすることでより長く愛用することができます。刃先は鋭利で直接触れると危険なので注意が必要ですが、コツをつかんで慣れてくると手放せなくなるほど、便利で、重宝なアイテムです。

飲食店の厨房や食品加工工場などで支持されているプロ仕様。食品用パウチの素材を研究して、最適な材質を使い、最適な形状にデザインされています。製造を手掛けているのは、金属加工の町・新潟県燕市の熟練の職人。一つひとつ丁寧に仕上げられているので、使い易さは抜群。すばやくカットできるから作業効率がぐっとアップします。

Menu

POUCH OPENER® パウチオープナー
(12mm×123mm 29g) 3,190円


Information


関連サービス

香りを大切にする文化の国「アラブ」で古くから愛され、来客へのおもてなしや自分自身、そして大切な人のために使われてきたお香「Bukhoor」。香木などの天然素材にフレグランスオイル、砂糖、はちみつを材料にしたお香と香炭で焚く少し苦味のある煙は、一度知ったら忘れられない高貴で気品溢れるアラブならではの香り。気軽に焚けるキャ…

 肌や頭皮の健康を保つためには、毎日のバスタイムで、毛穴の奥までしっかりと汚れを落とすことが必須。そこでおすすめなのが、特許技術によって、他社製品の約15倍量ものマイクロバブルを発生するシャワーヘッド「エンジェルエアー・ビジェット」。  マイクロバブルとは、直径0・05ミリ以下の微細な泡のこと。これに対して、毛穴の直…

毎日の歯磨きをブラッシュアップ!「dentinote」を使って磨き残しの歯垢を肉眼でチェック! 間違っていた歯磨きを見直しましょう。毎日歯を磨いているのに口臭・虫歯や歯周病に悩まされる理由は? 「毎日しっかりと歯を磨けば虫歯や歯周病にならない」と思っていたのに、日本人成人の約8割が歯周病に…。これは、磨いたつもりでも、…

今、そしてこれから先、健康に暮らすために大切な「食育」。 けれど、体質や身体に合う食べ物は人によって全く違うもの。 一人ひとりに合った食べ物を選ぶことが、とても重要と話してくれた丸本恵子さん。 「食育」から「ファスティング」、五行に基づく食や生活についても伺いました。 東洋医学、西洋医学に、分子整合医学を網…

時間の管理は大人の女性なら当然のマナー。とはいえ、時間ばかりを気にしていては緩やかなひと時は満たされないもの。インテリアのような時計なら、素敵な時間が過ごせると思いませんか? 「美を追求し、時計に至る」を実現したイタリアの職人のこだわりと想像力でデザインされた「ARti & MEStiERi」の壁掛け時計は、日々の暮ら…