ホーム > Life Style > MISTY LAYER(ミスティ レイヤー)

MISTY LAYER(ミスティ レイヤー)

MISTY LAYER(ミスティ レイヤー)

可愛い透け感がこれからの季節にぴったり この透け感がたまらない。今欲しいバッグブランド


これからの時代、可愛いだけでは物足りない…
可愛くて“サステナブル”であることが大事。
地球に優しくおしゃれを楽しむための、新しいブランド
「MISTY LAYER(ミスティ レイヤー)」のバッグなら、
ちょっとのお出かけも楽しくなりそうです。

おしゃれをもっと楽しみながら、サステナブルのことも考えたい。そんな、地球に優しい女性たちに使って欲しいのが、江戸川区で70年以上続く町工場で、下請けとして多くのプロダクトを手がけてきた熟練の職人たちが立ち上げたサステナビリティブランド「MISTY LAYER(ミスティ レイヤー)」。
 主に使われている素材は、“再生塩化ビニール(PVC)”。塩化ビニール自体、環境に優しい素材なのですが、その塩化ビニールを加工する工程で発生する切れ端などを、再度練り直してシート状に戻した素材が、“再生塩化ビニール”なのです。
 環境に優しい素材を使い、プロフェッショナル集団が一つひとつ手作業で仕上げたバッグは、“ミストをまとう”というコンセプトが表現された、透明過ぎない淡い透け感が特徴的で、トートバッグStは、約355g、トートバッグRiは、約385g、ボディバッグは、約185gと、とっても軽量。使いやすさに加え、SNSを中心に春夏のレジャーに活躍してくれそうな、大人可愛い“中見せバッグ”として、注目が集まる中、4月27~29日には、東京ビックサイトで開催される「日本ホビーショー」に出展。新作の発表やハンドメイドキットのワークショップもあるので、実際の商品に触れてみたいと思う方は、ぜひ足を運んでみて♪

上質な質感が魅力♪ いろんなシーンで活躍してくれる

ビジネスシーンには、スモークなどの落ち着いたカラーをチョイス。お稽古事やオフの日には、ピンクやバイオレットといった気分が上がるカラーなど、シーンによって使い分けるのもおすすめです。端材を再生した素材とは思えない上質な質感は、大切に使い続けたくなること間違いなしのアイテムです。

使いやすいサイズ感と可愛い持ち手のデザインもお気に入りのポイント

ちょっとしたお出かけや、ランチタイムにもピッタリなサイズ感で、コスメやスマホなど、可愛い小物を入れて、“あえて中身を見せる”のがイマドキ。透明のビニールバッグとは違った透け感は、「ミスティ レイヤー」ならでは。ボディバックに合わせて、その日のスタイルを決めるのも楽しいですよ。

Menu

MISTY LAYER(ミスティ レイヤー)全7色展開
トートバッグ St 11,000円
トートバッグ Ri 11,000円
ボディバッグ 10,500円


Information


関連サービス

せっかくオシャレしてお出かけしたのに、食事中に洋服を汚してしまってがっかり…。そんな経験は誰しも1度は経験したことがあるはず。そんなシーンの“あったら助かる”をカタチにしたのが、携帯用エプロン「EATECH(イーテック) 」。高機能素材“SHELTECH(シェルテック)”の余剰布を扱い、資源を有効活用して作られたサステ…

おうちで写真を見ながら現地に行ったような気分になれて、思わず誰かを旅行に誘いたくなるような情報満載の旅行メディア「itta」。アプリ版も好評で、おひとり様の女子旅から、パートナーと行きたい絶景スポットや家族旅行など、“行った”人ならではの現地レポートを交えた様々な情報が紹介されています。旅行先を決めたり、事前の情報収集…

いつでもどこにいても、映画や音楽、ゲームも楽しみたい。そんな想いを叶えてくれるスマホやタブレットは、もはや誰もが手にしている時代ですが、今こだわりたいのは“イヤホン”。  生演奏のベース音が腹に響く感覚や、映画館のスクリーンを前に爆発音に背筋が痺れるような感覚までを体感できるイヤホン「Decibell Kinetic…

JAXAにも採用されている“長期蓄冷技術”を持ち、保冷剤では国内トップシェアを誇る「(株)アイスジャパン」から、今夏大活躍してくれるアイテム「吸熱放熱スカーフ」に注目。吸熱放熱剤本体を布カバーに入れて首に巻くだけで、体温マイナス7.5度を実現。ヒンヤリ感は、2~3時間持続します。吸熱放熱剤は持ち歩き交換用として2個セッ…

季節の変わり目は天候も不安定で、毎日のアウター選びに悩まされがち…。雨でも晴れでも、“これさえあれば安心”の一着は用意しておきたいところ。雨衣メーカーの素材と技術を存分に活かした「CHARM MAXI」の高機能ウェアは、その名の通り、魅力(CHARM)を最大限(MAXI)に引き出すべく、ファッション性と機能性の両方を追…