ホーム > Life Style > 鳥取県日南町 eco Tour Report

鳥取県日南町 eco Tour Report

鳥取県日南町 eco Tour Report

美味しいお米や野菜。幻想的な蛍の光景に癒されて 「日南町」の今も変わらない自然豊かな風景が 今年も温かく迎えてくれました。


自然共生を目指す緑豊かな美しい町鳥取県日南町


 中国地方の真ん中に位置する、のどかな山里、日南町。町のほぼ9割を森林が占め、その中心には、国の特別天然記念物オオサンショウウオが生息する一級河川、日野川が流れています。さわやかな風が吹き抜け、澄んだ水は大地や人を潤し、これほどまでに自然が美しいのは、日南町が自然との共生を目指し、環境保全に力を入れているからです。
 森林は間伐や植樹、草刈りなど人が手入れをしなければ木は育たず、大地まで枯れてしまいます。でも、人が少し手を加えてあげることで、木はイキイキと育って空気を浄化し、大地は水を蓄え、今度は私たちにその恵みをもたらしてくれるのです。自然とともに生きることのすばらしさを、この町は教えてくれるのです。
 eco部は昨年に引き続きそんな日南町を訪れ、森林育成活動に参加してきました。今年は昨年のツアーで植えたハシバミの木のまわりの草刈りです。雑草に負けないほど背丈が伸びるまでは、年に1度は草を刈ることで、陽当たりを良くし、成長を助けてあげるとか。そして、その日の夜は森林保全による賜物、ホタル観賞。もともと日南町ではたくさんのホタルが見られましたが、森林保全に力を入れるようになって、一段とその数が増えたようです。
 また日南町には、日本初の「カーボン・オフセット」の道の駅があります。※EVIを通して、1商品に対して1円をプラスし、森林支援に活用しようという取り組みです。積極的な環境保全活動を見て、今私たちができること、そしてすべきことを改めて考えさせられるツアーとなりました。

※EVI(Eco Value Interchange)とは、森林事業者と企業、消費者を結ぶ環境貢献プラットフォームのこと。
「日本の森と水と空気を守る」を理念として、日本の森林保護活動を行っています。

1day 〜森林育成活動〜
eco部も一緒に森林育成活動に参加!

 町の中心に近い山に、昨年のツアーでヘーゼルナッツの実がなるハシバミの木を植えました。今年は20cmほどに育っていて、同時にまわりの雑草も育っていました。このままでは日照不足で木が育たなくなってしまうので、eco部員で草刈りをしてきました。ハシバミの木を傷つけないように、鎌で大きく伸びた雑草や小さな木を切っていきます。雑草より大きく育つまでは、1年に1度は草を刈る必要があるそう。そして、刈った草はそのまま地面に広げておきます。刈った草をかけておくことで土砂崩れを防ぐのです。3年後、木の実が収穫できたら、はちみつ漬けやお菓子などの新たなEVI商品になっているかも!?

〜eco部田んぼ見学〜
冷たく澄んだ水と豊かな大地が育むおいしいお米

 船通山から流れてくるキレイな水と中海で採れた海藻を肥料にお米を育てている「エコファームHOSOYA」さん。自然の恵みを最大に利用し、また立地の寒暖差によってうま味がギュッと凝縮された特別栽培米です。eco部では栽培をお願いし、今年は部員で田んぼをシェアする試みを始めました。収穫後のお米のラベルには、個人の名前が入ります。稲の栽培方法を学び、すくすく育っている様子を見学したら、おいしいおむすびをいただきました。噛めば噛むほど甘味が増す、もちもちのおいしいごはんです。

〜夕食〜ホタル観賞〜

地元の採れたて野菜と川魚の豪華な夕食を堪能

自然に囲まれ、四季を通じて楽しめる「ふるさと日南邑」に宿泊。くつろげる和室のほか、キャンプ場やログハウスに宿泊ができ、スポーツができる運動公園や多目的ホール、バーベキューハウス、野菜の収穫体験ができる農園、研修棟など設備も充実。
夕食は地元で採れた野菜の天ぷらをはじめ、鮎の味噌焼きや蒸しぶた、だしが効いた茶碗蒸しなど、ボリュームいっぱい。そのうえ、日南町産のごはんもおいしいから、箸が止まらない! もちろんみんなで完食。

幻想的なホタルの舞にうっとりしながらの散歩

日南町は森の中に棲むヒメボタルと水辺に生息するゲンジボタルを一度に見ることができる、世界的にも珍しいホタルスポット。6月下旬から7月上旬が見ごろで、町内外から多くの人が訪れます。チカチカと線香花火のように点滅するヒメボタルと強い光を発して飛び交うゲンジボタルの姿は、まるで天然のイルミネーション。

2day 〜パワースポット巡り〜
復活再生を祈願する大石見神社

分水嶺が近くにある大倉山南麓にある大石見神社。大国主命や八神姫などがご祭神で、創建年代は不詳です。拝殿前には樹齢630年ほどの2本の珍しい「オハツキタイコイチョウ」が門のように鎮座。古事記の中で、大国主命は腹違いの兄、八十神に2度も殺され、復活したとされています。その2度目に復活した地が大石見神社といわれ、度重なる受難にも負けず、復活を果たしたことで、パワースポットとして注目を集めています。ここでは、神社にまつわる古事記の話はもちろん、手水や拝礼など、神社参拝の基本作法まで教えて頂きました。

幸運を招く福榮神社

 神武天皇の母、玉依姫命を主神とする「福榮神社」。かつてこの地が福栄村と呼ばれていたことから、この名前がついたようです。福がつく縁起の良い名前の神社が多い日南町で、開運八社巡りの1つとされています。土曜・日曜・祝日のみ売店が開かれ、手作りの開運グッズが人気。

〜道の駅でお買い物〜
ショッピングで環境保全に貢献!

 ツアーの最後は、日本初のカーボン・オフセットに取り組む道の駅「にちなん日野川の郷」でお買い物。地元の新鮮野菜をはじめ、地元の食材を使ったドレッシングやジャム、ジュースなどの加工品、地元産のお米で作った日本酒など、日南町のおいしい! が集まっています。また、間伐材を使って作った工芸品やアイデアグッズなどのEVI商品も充実。商品すべてに1点、1円の森林支援金がプラスされています。だから、買い物するだけで、環境保全活動ができちゃうのです。土日はイベントもあるので、要チェック!

Poco'ce特典

EVI環境マッチングイベント2017
―接続可能な社会のための環境貢献最先端成功事例ー
10月24日(火)東京国際フォーラム B7ホール

私たちにできる環境貢献がテーマになっています。今回訪れた道の駅
「にちなん日野川の郷」を中心とした道の駅間の環境貢献と商品交流など、
私たちの身近な暮らしの中から取り組める
ecoにつながる話しを聞いてみよう!

Menu

Special Thanks
日南町森林組合|日南町役場 企画課・農林課|日南町観光協会|エコファームHOSOYA|道の駅「にちなん 日野川の郷」| ふるさと日南邑ファームイン|アメダス茶屋|大石見神社|福榮神社|日通旅行(株)|

☆日南町で森林育成を体験したい企業や個人の方は、日南町役場 企画課・農林課へ
お気軽にお問い合わせ下さい! 【農林課(直通)☎0859-82-1114】


Information


関連サービス

トラブルレスの美肌になるにはどんなお手入れをすればいいの? とお悩みの方に、まず必要なのは、自分の肌を知ること。一人ひとり肌が違うのだから、お手入れも違って当然。まずは、肌のチェックからスタートして! 肌をチェックすれば改善点が見えてくる  コスメカウンターなどで肌の油分や水分量をチェックしてもらうこと…

家族や友人、恋人など大切な人と、メールやメッセージアプリなどの文字でのやり取りが主流ですが、 ニュアンスから感情まで伝わる高音質な無料通話アプリを利用してみませんか。 相手の気持ちを感じとって、距離をさらに縮め、関係もより良好に。 ユーザー登録不要でとっても安心な「スカイフォン」が今話題です。 通話時間…

美脚演出には欠かせないハイヒール。靴の中で足が前にずれてしまったり、辛い思いで履いている人も少なくないはず。我慢しているだけでは、様々なトラブルの原因にもなりかねません。整骨院の先生が監修した「ASHIKARA(アシカラ)」は、ヒールの角度に合わせた立体クッションが足裏にピッタリフィットして、つま先にかかる体重を全体に…

石けんで手肌を洗って、キュキュッとすると「キレイに洗えた」と思っていませんか? 実は、この「キュキュッ」という感触、お肌に貼りついた石けんカスによる摩擦なんです。普段使っている水道水には、カルシウムイオンやマグネシウムイオンと呼ばれる硬度成分が溶け込んでいて、この硬度成分が石けんと反応し、石けんカスになるんです。石けん…

 裁断、縫製から梱包までをすべて日本国内でおこなう、職人の技術とこだわりでつくられた眠りの仕立て屋「Sleep Tailor(スリープテイラー)」。心身ともにリラックスして深く眠ることで、しっかりと日々の疲れを取ることができます。おすすめの素材はリネン。通気性がよく吸水性に優れたリネンは、春夏にぴったりというイメージが…