ホーム > GIFT検索 関連情報

GIFT検索 13件

韓国語で誕生日を意味する「センイル」。シンプルなデザインのケーキにメッセージを描いた「センイルケーキ」は、韓国では定番の誕生日ケーキです。「プリオオンライン」のクリスマス限定センイルケーキは、結婚式場のパティシエが一つひとつ手作りし、イチゴのショートケーキをベースにした、淡い色合いとシンプルなデザインが特徴。カラーバリ…

日本最年少! なんと、小学6年生で3ヶ月先まで予約が取れないケーキ屋さんの店長になった、“みいちゃん”監修のスイーツBOX。可愛い三角屋根のミニチュア工房のお菓子箱に、滋賀県産の玄米粉、黒米粉を使った焼き菓子が詰め込まれた、夢いっぱいのギフトセットです。さらに、12歳で夢を叶えたみいちゃんの非売品絵本や、お菓子箱購入者…

スピーディーなボディメイクを叶える「KETOジェニック」の考え方や取り組みをベースに作られた、オリジナルのメニューを展開する「LifeHack Keto(ライフハックケト)」から、ダイエット中でもクリスマスを思い切り楽しむためのおすすめは、低カロリーの舞茸と身体を内側から温める生姜たっぷりの「舞茸ジンジャーシュトーレン…

パンの全国大会『ベーカリージャパンカップ』で優勝して厚生労働大臣賞を獲得した「ケーキとパンのお店ソレイユ」からのおすすめは、シュトーレン発祥の地とされるフランス・アルザスで修業したシェフがパティシエならではの厳選された素材選びと卓越したパンの技術を掛け合わせる事で『パングランプリ東京2017』でグランプリを獲得した至高…

戦後まもない1948年にプロヴァンスの小さなパティスリーから始まった「La maison JOUVAUD」。日本では、広尾でサロンドゥテを併設したパティスリー、ショコラトゥリーとしてスタートした歴史あるパティスリーです。イチオシは、小麦粉を使用しないグルテンフリーの「ショコラピスターシュ」。希少なイタリアシチリア産ピス…

人と会う機会も徐々に増え、年末年始のイベントシーズンともなれば、スキンケアもおろそかになりがち。そんな時こそ使って欲しいのが、「AMBITUS」の「GLOW MOMENT ザ・エッセンス」。話題の美容成分“ヒト幹細胞培養液”に、毛穴ケアに欠かせないビタミンや植物エキスも配合し、リポソーム技術で美容成分を角層すみずみにま…

ウェディングや贈り物などのフラワーデザインを中心に、オーダーメイドで店舗や邸宅のトータルフラワーコーディネートを手掛ける「ErvaNote Flower Design」から、クリスマスを素敵に演出してくれる「mini tree Noel」をチョイス。草月流の師範でもあるフラワーデザイナーYURIによる作品は、ヒノキやブ…

窓辺や本棚に飾ってインテリアとしてもおすすめな、コロンと可愛い松ぼっくり型のキャンドルとモミの木のナチュラルキャンドルです。火を灯せば、優しいオレンジの灯火と、ミツバチの巣からとれる蝋で作られたミツロウにマカダミアナッツオイルをブレンドした自然な色と甘い香りに癒されて、お部屋の雰囲気を素敵に演出してくれます。聖夜をゆっ…

聖夜の夜に空から舞い降りるサンタクロースをイメージした、ハンドメイドのガラスオーナメント。デザインから型の製作、ガラス吹き、メッキ塗装、ペインティングまで、全ての工程を手作業で行う、ポーランドのブランド「IMPULS」によるこだわりの逸品。パラシュート部分とサンタクロースが分かれているデザインが不規則な揺れを生み、ゆら…

可愛いベビーのファーストシューズは、ママにも優しいプレミアムな本革製ベビーシューズ「bukubeebaby(ブクビーベビー)」がおすすめ。size1~2(11.1~12.1cm)は、つま先まで開くフルジッパー採用で履かせやすく、足の成長を目視で確認できるので、「きつい、痛い」がまだはっきりと言えない時期でも安心。また、…

人との出会いで第一印象を大きく左右する“香り”。マナーとしても香水はイベントシーズンにマストなアイテムです。今、男女問わず20〜30代を中心に人気急上昇中のブランド「Desimprovon Bisou」では、3つのパルファムを展開。フルーティなのに繊細で甘さ控えめの「ワルツ」に、季節やシーンを問わず、どんな場面でも使え…

 数々の世界的ラグジュアリーブランドのデザインから製造までを30年以上にわたり手がけている「Tanitex Industries」のプライベートブランド「Tani(タニ)」。品質に関しては一切の妥協を許すことなく、ルームウエアやアンダーウエアを中心に、最上級の素材を使った丁寧な縫製とシンプルなデザイン、そして何よりも肌…

 大人数のレッスンではなく、マンツーマンのプライベートレッスンにこだわった教室を開催している「clochette(クロシェット)」。  代表の鈴木倫子さんは、「お花と向き合う上では“感性”が一番大事です。感性は一人ひとり異なり、キレイだと感じるものも、作りたいものも様々なので、その人にあった指導をしてあげたい」と想い…